定期的なデータ収集が物を言う

競合店調査を定期的に行うと、明確な目標や意識づけが定着するそうです。

新しいプロジェクトが始動する際、それに否定的な意見を持つ人でも、定期的な競合調査データを見ると耳を傾けるようになるといいます。

成長する会社ほど市場分析など、さまざまな調査資料に社員が目を通しているそうです。これは、海外での競合調査にも言えることでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中