競合調査のABC その3

消費者は、A店とB店では、A店のほうが商品が安いとか、C店はアフターサービスがよいなどといった情報を持っています。

もし、そうした情報を企業側が持っていないとすれば、既にその時点で勝負は決まってしまいます。

とはいえ、単に情報を手に入れるだけではいけません。その情報(インフォメーション)を、経営戦略と結び付いた高度な情報(インテリジェンス)へと変える必要があります。

競合調査によって獲得した情報がそのとき役に立つのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中