競合調査は“高性能レーダーシステム”

競合調査の目的は、競合企業(競争相手)に関するさまざまな情報を得ることによって、相手より一歩先に行くことです。競合企業の分析や市場開発のための情報を得るには、いわば“高性能レーダーシステム”が必要であり、その役目を果たすのが競合調査というわけです。

同時に、調査を行う側は、クライアントの意図や目的をしっかり把握する必要があります。そのためには、クライアントに“都合のいい情報”ばかりでなく、“耳の痛い情報”も正しく提供する必要があるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中