競合リスト」を作る (1)

競合には「直接競合と間接競合」の2種類があります。

顧客層が全く同じであれば、直接競合です。たとえば子供服専門店にとっては、別の子供服専門店は直接競合店となります。

これに対し間接競合の場合、基本的に顧客層は異なります。子供服店の例で言えば、専門店ではないけれど、子供服も置いているような洋服店を言います。

そうして地域を対象として「直接競合店」と「間接競合店」に分けてリストアップします。競合調査では、このリスト作りが重要となります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中