「競合リスト」を作る (2)

子供服専門店にとって、同じ地域にある百貨店は直接競合店となりますが、あえて競合店としてリストアップする必要はありません。

問題は、通りからはずれた所にあるような小さな店で、ユニークな品揃えが評判で子供服も扱っているような店の場合です。こうした店は顧客を引きつける力があるので、必ず「競合リスト」に加えるようにします。

オンライン・ショップも対象になります。リストが仕上がったら、実際にそれらの店に足を運んで、品揃えや従業員の対応、客数などをチェックします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中