マイケル・ポーターの「5つの競争要因」

ハーバード大学経営大学院教授マイケル・ポーターは市場の競争状況を規定する要因には以下の5つがあると指摘しています。

(1)「既存既存間の敵対関係の強さ」
(2)「新規参入の脅威」
(3)「代替製品・代替サービスの脅威」
(4)「買い手の交渉力」
(5)「売り手の交渉力」

これらは、実際に競合企業を分析する際にも、常に意識しておかなければならない観点です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中