集中戦略を採用した場合のリスク


集中戦略を採用した場合のリスクとして、以下の3つのケースを説明しています。

(1)広いターゲットを相手にする業者と集中戦略を採用し、絞られた特定のターゲットを相手にする業者とのコストの差が開き、集中戦略によるコスト優位がなくなったり、差別化が薄れてしまう。

(2)絞られた特定のターゲットと市場全体のニーズに差がなくなる。つまり特定のターゲットの特異なニーズが薄れてしまう。

(3)競争業者が絞られた特定ターゲットの内部をさらに細分化してターゲットを絞り込み、そのターゲットに集中戦略を実施し、買い手を奪ってしまう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中