ポーターの競争戦略の応用について

これまでマイケル・ポーターの競争戦略についてご説明してきました。

実存する企業の事業分析をしていると、コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略のいずれかに当てはまることがあります。一般的に、業界のリーダーは規模の経済、買い手の交渉力を活用できる立場にあることから、コストリーダーシップ戦略を採用する傾向にあり、シェア第3位以下の企業は、特定のセグメントについて集中戦略を実施し、ニッチャーとしての戦略を図る傾向にあります。

差別化戦略については、販売・マーケティング手法の差別化も含まれるため多様な展開が見られますが、共通して言えることは、差別化競争力のある企業は、何らかの形で差別化を行いながら、高利益を維持できる仕組み作りを行っているという点です。

企業は、競合他社のビジネスモデルがポーターの競争戦略のいずれに相当するのか注意深く観察し、自社が競合他社に対して優位に立つために何をしなければならないのか明確化する必要があります。

自社の4P、競合企業の4Pに関して詳細なSWOT分析を行った後、市場分析を行い、3C分析を行います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中