「勝つ商品」と「負ける商品」

競合調査では、競合店の価格調査は欠かせません。まずは、競合店の値付けのルールを知ることが重要です。つまり、競合店はどのような作戦で値付けや品揃えをしているのかをチェックするのです。

競合店よりも総合力で明らかに劣る場合、価格戦略としては、安い品揃えで勝負することが多いはずですが、その際には直接競合を避ける必要があります。そのためには、価格で「勝つ商品」と「負ける商品」を選び、競合店があまり気にかけないシェアの商品強化を図ります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中