競合調査のためのアドバイス10―その10

(10)競合関係を広くとらえる

直接的には競合関係には含まれない業種であっても、実質的には競合関係にある場合もあります。
たとえば映画館にとっては、ビデオショップも競合関係にあると言えます。競合関係を幅広くとらえることで、ターゲットとなる顧客層も広がり、戦略にも新たな工夫が加えられるチャンスが生まれます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中