アメリカに見る“競合店の品揃え事情”―その1

品揃えを充実させることは、顧客獲得や競合店対策、そして売上向上のためにも必要不可欠です。ところが、家電製品店を対象にした最近の競合調査(アメリカのパデュー大学のCharlotte.R.Renら4人の共同研究)によると、品揃えの程度は、ライバル店との地理的関係、すなわち店舗間の距離に左右されることがわかりました。つまり、ライバル店が比較的近い場所(半径1.6km以内)にあると品揃えは減り、遠く(同16km以内)にあると増える傾向にあるのだそうです。
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=1553417

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中