アメリカに見る“競合店の品揃え事情”―その2

ライバル店が近くにあると品揃えが減る、という傾向について、店どうしが近くにある場合(特に同じショッピングセンター内や、同じストリート内にある場合)、“相互調和”の存在が指摘されています。競合店どうしが足並みをそろえるこの現象は、競争関係を和らげる一方、低価格商品で顧客を獲得しようという戦略傾向が強くなります。しかし、なによりも、遠くにライバル店がある場合よりも、近くにあるほうが、お互いの在庫数を減らせるという利点があるようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中