競合調査のガイドライン―その3

競合調査の第一歩は、オンラインで競合店やそのサービス、そしてWEBサイト自体をチェックすることから始めます。次に競合店に足を運び、実際に商品を購入します。商品の品質をチェックすると同時に、顧客の動向にも注意を払います。できれば顧客にその店についての感想を聞くことができれば理想的です。

これにより、競合分析が強化できます。さらに競合店の諸状況(立地条件、規模、売上高、創業年数等)をチェックします。

競合調査のガイドライン―その2

あなたの商品が極めてニッチで、市場では手に入りにくい商品(例えば子供用の革ジャケット)だとしても、あなたの顧客候補はそれに近い商品をどこかで購入しているはずです。しかし、あなたの店舗がオープンすれば、顧客には競合店以外に新たな選択肢が与えられることになります。

その意味で、競合店の存在を明確にしていないビジネスプランは、顧客の購買動向を軽視し、市場を理解していないと見られてもおかしくありません。

競合調査のガイドライン―その1

競合店舗・ビジネスの調査に必要なガイドライン作成に当たり、アパレル小売事業を例にそのポイントを記してみましょう。

まずは競合店の特定です。これには、あなたが狙いを定める顧客層の購入先がすべて該当します。つまり、競合商品を販売するアパレル専門店はもちろん、オンラインショップ、カタログ販売業者、百貨店、量販店などが含まれます。

これらを具体的にリストアップした後、その中から競合店3~4を選びます。これはビジネスプランには不可欠なものです。

http://ezinearticles.com/?How-to-Open-a-Clothing-Store—Competitive-Analysis&id=2607665