競合調査のガイドライン―その1

競合店舗・ビジネスの調査に必要なガイドライン作成に当たり、アパレル小売事業を例にそのポイントを記してみましょう。

まずは競合店の特定です。これには、あなたが狙いを定める顧客層の購入先がすべて該当します。つまり、競合商品を販売するアパレル専門店はもちろん、オンラインショップ、カタログ販売業者、百貨店、量販店などが含まれます。

これらを具体的にリストアップした後、その中から競合店3~4を選びます。これはビジネスプランには不可欠なものです。

http://ezinearticles.com/?How-to-Open-a-Clothing-Store—Competitive-Analysis&id=2607665

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中