競合調査によって得られるものとは?――その2

1995年、競合調査の専門誌『Competitive Intelligence Review』が「競合調査と企業業績との関連性について」と題する記事を掲載しました。それは上場企業を対象として、「競合調査を行っている企業」と「行っていない企業」の業績を比較するというものでした。ここでいう「業績」とは、売上高、市場シェア、そしてEPS(1株当たり利益)の3部門です。両者を比較した結果、競合調査を行っている企業は、競合調査を行っていない企業を3部門すべてで上回っていたのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中