競合調査によって得られるものとは?――その6

たとえば、主要製品の市場成長率は、部品会社が主張していた数字を下回っていること。市場の弱体化に対応できるだけの多様性がないこと。さらには、先端技術性にも疑いがあることなどでした。その結果、部品会社の全体的な評価を下げることとなり、買収価格に大幅な修正が加えられたのです。当初は4800万ドルでしたが、調査の結果により2500万ドルへと大幅に下げられました。すなわち、差額の2300万ドルが“競合調査が生み出した価値”ということになるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中