海外競合調査サービスについて

■ 海外専業のWIPが競合調査のお手伝いをします。

WIPは独自のリサーチアシスタントサービスを日本に初導入。海外に行かなくても、言葉ができなくても、文献が読める、情報収集ができる、ヒアリングもできる、面倒なアポイントメントも思いのまま。

世界に拡がるWIPの現地スタッフがリサーチアシスタントとなってあなたをサポート。自由なコストコントロールも可能になりました。

海外競合調査とは

海外における競合企業の実態、営業戦略、販促活動、流通状況などを調査サポートいたします。

文献調査、ヒアリング調査、海外コンタクト(アポイントメント確保(アポ取り))、インタビュー(実施、現地通訳)など、一連の調査プロセスを通じて、一貫した効率的なサポートを行っています。もちろん、ご要望やご都合にあわせて、調査の一部のみをサポートすることも可能です。

あなたの調査チームにWIPの海外競合調査アシスタントを加えることで、報告書作成の効率が大幅にアップします。

1: 文献調査

現地または現地語で入手できる書籍、統計資料、白書、論文、記事、WEB情報などの情報源から必要な情報を収集いたします。

2: ヒアリング調査

文献調査では収集が難しいまたは収集できない情報を、現地キーパーソンに直接コンタクト。ご要望により弊社のリサーチスタッフが直接インタビュー/ヒアリングし、レポートいたします。

インタビュー/ヒアリング調査は下記のプロセスを経て実施します。すべて弊社にお任せいただくことも可能です。また、必要なプロセスを抽出してご依頼いただくことも可能です。

2-1: インタビュー/ヒアリング対象者選定

対象企業担当者、対象企業退職者、取引先、代理店、業界関係者、ジャーナリストなどを中心に、対象者選定を進めていきます。

2-2: インタビュー/ヒアリング項目リストアップ

インタビュー/ヒアリング対象者からどのような情報を入手したいか、より具体的な質問項目のリストアップをご一緒に進めていきます。あなたのご意見を伺いながら、経験豊かな弊社コーディネータが効果的なインタビュープランをご提案いたします。もしあなたが直接現地でインタビューを実施される場合、このプロセスを省略することがありますが、次のプロセスにある効果的なアポイントを実施するため、インタビュー予定内容をお伺いさせていただいております。

2-3: インタビュー/ヒアリング実施

WIPの海外競合調査アシスタントがインタビュー対象者に対し直接インタビューいたします。また経費削減の手段として、電話インタビューを実施するという選択肢もございます。もちろん、貴社による直接インタビューをお考えの場合は、WIPの現地通訳者が同行させていただきます。以上、海外調査の総合的なサポートを行っております。あなたの調査プロジェクトの一員にWIPの海外リサーチアシスタントを加えることにより、スピーディかつ効率的な報告書作成が可能になります。ぜひ一度お試しください。