競合調査とソーシャルメディア“10のポイント”―(10) 競合相手がソーシャルメディアに無関心

競合情報やソーシャルメディアの調査が最も必要とされるケースは、競合相手がそれらに無関心の場合です。
あなたがそうした分析調査を導入すれば、市場競争にも優位に立つことができるはずです。

広告

競合調査とソーシャルメディア“10のポイント”―(9) 競合相手の顧客の動向に注目

競合相手の顧客に、新たな製品やサービスを求める動きがあればチャンスです。
ソーシャルメディアなどにも注目した優れた競合情報分析によってこうした動きがつかめれば、個別的な顧客動向だけではなく、顧客全体の動向をも把握することが可能です。

競合調査とソーシャルメディア“10のポイント”―(8) 競合相手に顧客が不満を抱く

競合相手の顧客が不満を持っている場合は、絶好のビジネスチャンスです。競合情報分析とソーシャルメディアをしっかりチェックすることで、固定客を獲得するチャンスを手にすることができます。

競合調査とソーシャルメディア“10のポイント”―(7) 相手の顧客をターゲットにする

食うか食われるかのビジネス環境にあっては、顧客の奪い合いは必至です。ターゲットとなる顧客層を明らかにし、顧客を奪う。これにはソーシャルメディアの活用が効果的です。そして、相手よりいかに上手にそれを利用するかがポイントになります。